虫歯治療について分かりやすくご説明します。また、患者さんから寄せられるご質問をまとめましたので、参考になさってください。

ラフランス歯科クリニック
予約・お問い合わせ番号:0466-81-2050
藤沢本町駅から徒歩7分

虫歯治療

痛みが少なく、なるべくご自身の歯を削らないで保存するような治療を心がけています

虫歯は、歯についた歯垢(プラーク)にミュータンス菌という菌が付着し、その菌が出す酸が増え、歯を溶かすことで起こります。
いったん虫歯になると自然に治ることはなく、治療を受けるしか方法はありません。ミュータンス菌は保護者から赤ちゃんに感染することが多く、一度感染するとミュータンス菌は消えることはありません。歯をしっかり磨いているのに虫歯になってしまう、あまり歯を磨かなくても虫歯になりにくい、というのはこのミュータンス菌に感染しているかどうかの違いなのです。

初期の虫歯はカルシウムを戻してあげることで治ります。これを再石灰化といいフッ素を塗ってあげることで作用を促進させることができます。
進行した虫歯は治療方法が異なってきます。

虫歯の進行度

虫歯は、進行度によって、CO、C1、C2、C3、C4の5段階に分けられます。
虫歯の進行度
CO
経過観察
歯磨きの改善、フッ素を取り込むことで削らず自然治癒(再石灰化)が期待できます。
C1
エナメル質う蝕
症状はほとんどなく、歯の表面(エナメル質)が黒っぽくなります。治療が必要になりますが、虫歯を削りレジン(プラスチック)を詰め、1回の治療で終えることができます。
C2
象牙質う蝕
冷たいものがしみたり違和感など症状がでてきます。虫歯を削り金属やレジン(プラスチック)で塞いでいきます。治療回数も 2〜3回程度と短期間で終えることが可能です。この時点で治療すれば神経をとらずに済みます。
C3
歯の神経にまで達する虫歯
冷たいものだけではなく温かいものもしみてきます。見た目もはっきり穴があいているのがわかります。虫歯が神経にまで達しており、神経を取らなければいけない状態です。歯に栄養を与える神経が無くなると歯はもろくなり、欠けやすくなります。根の治療が必要で治療回数は5〜6回かかります。
C4
歯が崩壊している虫歯
歯の根っこのみ残っている状態です。神経が死んで痛みを感じることが少なくなります。その間も虫歯は少しずつ進行し、歯を抜かなければいけない可能性が高くなります。

虫歯治療に関するご質問

歯がしみるのですが、虫歯でしょうか?
虫歯の他、詰め物の脱離、歯にヒビが入る、知覚過敏など色々な原因でしみている可能性があります。まずは、ご相談下さい。
虫歯になりやすい人はいるのでしょうか?
人それぞれ口の中の状態も個人差があります。虫歯菌の数・唾液の質や量・歯の性質・生活習慣・食べ物の好みなど一人一人異なるため、虫歯のなりやすさも違ってきます。

皆様のかかりつけ医として頼れる歯医者さんを目指してます

お子さまからご高齢の方まで、どなたも安心して通えるような地域のかかりつけ歯科医を目指しています。安心して治療を受けられるように、親切、丁寧な治療と分かりやすい説明を行っています。歯の悩みはお気軽にご相談下さい。

ラフランス歯科クリニックの予約・お問い合わせ電話番号は0466-81-2050

ページトップへ