小児歯科について分かりやすくご説明します。また、患者さんから寄せられるご質問をまとめましたので、参考になさってください。

ラフランス歯科クリニック
予約・お問い合わせ番号:0466-81-2050
藤沢本町駅から徒歩7分

小児歯科

子ども達が健やかに成長できるように

乳歯だからむし歯になっても大丈夫だと思っていませんか?
乳歯は虫歯になりやすく進行も速いため、虫歯予防や早期治療こそがとても大切になってきます。

乳歯がむし歯になった場合には、むし歯リスクの高さ、不十分な歯磨き、仕上げ磨きの不足といった原因が考えられます。そのまま永久歯に生え変わってしまうと、また虫歯になってしまう可能性が高くなります。虫歯があると食物をよく噛めないため、成長期の身体の発育への影響はもちろん、歯並びが悪くなる原因にもなります。また、ひどくなった虫歯を放置すると、大人の歯(永久歯)にも悪い影響があります。

子どものうちに虫歯になりにくい口内環境を獲得できれば、大人になっても虫歯になりにくくなります。当院では、皆さまにとって「痛くなってから行く場所」でなく、もっと身近な場所になることを願って診療に取り組んでいます。

乳歯から永久歯に生え変わる時期

永久歯は「6歳臼歯」(第一大臼歯)から生えかわりはじめ、最終的に12歳臼歯が生えて完了します。6歳臼歯(第一大臼歯)とは、約6歳前後に生えかわりはじめ、乳歯の奥に萌出してきます。その後、前歯から奥歯に向かって順次生え変わり、12歳ごろ、6歳臼歯の奥に、12歳臼歯(第二大臼歯)が生えてきます。

ただし、生え変わる期間や順序には個人差があります。下に「生え変わる時期の目安」をご紹介していますが、1〜2年のずれなら心配することはありません。
生え変わる時期の目安
生え変わる時期の目安

フッ素塗布

フッ素はむし歯予防には欠かせず、丈夫な歯をつくるために大切な役割を果たしています。
乳歯・永久歯に関わらず、生えたての歯は柔らかく磨きにくいので虫歯になりやすく完全に硬くなるには生えてから2〜3年かかると言われています。フッ素を定期的に塗る(年3回〜4回)ことで再石灰化の促進、歯質強化、細菌の酸産生抑制を行い、虫歯になりにくい歯にしていきます。
また、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」を促す作用もあります。

シーラント

シーラントあらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めて虫歯の進行を抑制し、予防効果を持たせようとする手法です。
歯の溝には食べかすやプラークが溜まるため虫歯が出来やすく、この虫歯が発生する前にフッ素加工をしたシーラントを埋め込むことによって、フッ素が膜になって虫歯から守る効果があります。

小児歯科に関するご質問

いつから歯みがきをしていけばいいですか?
お子さんの歯磨きは歯が生えてきたら始めるようにしましょう。乳歯は生後6カ月から9カ月頃に、前歯から生えはじめます。歯の生える順番や時期には個人差があり、下の前歯から生えることが多いです。
乳歯はぐらついてきたら抜かなければいけない?
歯は自然に生え変わることが多く必ず抜かなければいけないということはありません。しかし乳歯の位置と永久歯の位置がずれていると、永久歯が生えにくかったり、歯並びに支障をきたす原因になる場合は抜歯の対象になります。また、生え変わりの左右の時期が極端に違ったり、永久歯が見えているのに乳歯がなかなか抜けないときは、一度ご相談下さい。

皆様のかかりつけ医として頼れる歯医者さんを目指してます

お子さまからご高齢の方まで、どなたも安心して通えるような地域のかかりつけ歯科医を目指しています。安心して治療を受けられるように、親切、丁寧な治療と分かりやすい説明を行っています。歯の悩みはお気軽にご相談下さい。

ラフランス歯科クリニックの予約・お問い合わせ電話番号は0466-81-2050

ページトップへ