口腔外科について分かりやすくご説明します。また、患者さんから寄せられるご質問をまとめましたので、参考になさってください。

ラフランス歯科クリニック
予約・お問い合わせ番号:0466-81-2050
藤沢本町駅から徒歩7分

口腔外科

歯以外のお口の悩みに

主にお口の中の外科処置を中心に行っていきます。
たとえば、親知らずなど横に生えたり深く埋まっている歯の抜歯、お口のケガや顎の違和感や痛み、口内炎などの粘膜の病気などがあるときに対応させてもらうのが口腔外科です。
口の中の健康は、歯の健康のために欠かせないだけでなく、食事や会話といった日常生活にも大きく影響を与えるものです。

何か少しでも気になることがあればお気軽にご相談下さい。

抜歯について

抜歯親知らず、虫歯や歯周病の進行、歯にヒビがはいった歯など保存不可能になった歯は抜歯の対象になります。親知らずが真っ直ぐに生えず、横を向いたり顎の骨の中に埋まっている場合は、抜歯の方法が若干異なってきます。また全身疾患(高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞等)があり、服用薬がある場合は主治医との連携を行い、お体全体の状態を把握し、全身管理を行いつつ抜歯していきます。

外傷

外傷転倒や衝突などで強い衝撃を受けた歯が欠けたり、抜け落ちたり、唇・頬が切れたり、歯茎が腫れたりした場合はご相談下さい。症状が重く骨折している場合は、高度医療機関へご紹介致します。

顎関節症

口を開こうとすると顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分に口を開けられない、または口の開け閉めで顎関節に音がするなどの症状は顎関節症の疑いがあります。何か一つでもあてはまることがあればご相談下さい。

口内炎

口内炎疲れが溜まり免疫力が落ちたときなどによく発生するのはアフタ性口内炎といいます。口内炎にはその他にも真菌、細菌、ウイルスによって発生するものがあります。 治りにくい潰瘍や斑点ができた場合はご自分で判断せず、ご相談下さい。

口腔外科に関するご質問

親知らずは抜いたほうがいいですか?
上下の親知らずが真っすぐ生えていて噛み合っていれば抜く必要性はありません。しかし斜めに生えている場合、噛み合わせに影響を与えている場合、磨きにくく汚れがたまり虫歯になったり、周囲の歯茎が腫れて痛くなったりする場合は隣の歯を守るためにも抜歯を考えた方がいいでしょう。
抗凝固剤、抗血小板剤を服用していますが抜歯は可能でしょうか?
抜歯の際に出血が止まりにくい状態になっていることがあります。以前は休薬して抜歯を行っていましたが、最近はお薬を継続したまま抜歯を行う事も増えてきました。主治医と連携を取り、縫合をしっかりして止血を行えば問題ないことが多いです。
外傷で歯が脱落しましたがどうすればいいですか?
転倒、転落、交通事故などにより歯が抜けて口の外に飛び出してしまうことがあります。このような場合、抜けてしまった歯を元の位置に戻して固定する方法があります。歯をできるだけ早く牛乳や生理食塩水につけて、乾燥させないように持参し受診してください。

皆様のかかりつけ医として頼れる歯医者さんを目指してます

お子さまからご高齢の方まで、どなたも安心して通えるような地域のかかりつけ歯科医を目指しています。安心して治療を受けられるように、親切、丁寧な治療と分かりやすい説明を行っています。歯の悩みはお気軽にご相談下さい。

ラフランス歯科クリニックの予約・お問い合わせ電話番号は0466-81-2050

ページトップへ