歯周治療について分かりやすくご説明します。また、患者さんから寄せられるご質問をまとめましたので、参考になさってください。

ラフランス歯科クリニック
予約・お問い合わせ番号:0466-81-2050
藤沢本町駅から徒歩7分

歯周治療

大人のほとんどの人が、気づかないうちに歯周病にかかっていることが多いです

歯周病は歯を支える歯肉や骨が壊されていく病気です。むし歯は歯そのものが壊されていく病気ですが、歯周病は周囲の組織が壊され、最後には歯がぐらつき抜け落ちてしまう病気です。罹患率は高く日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っています。日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつに数えられています。

全身疾患との関連

歯周病は様々な全身の病気になる危険性を高めることがわかってきており、心臓血管疾患・脳卒中(脳梗塞)・糖尿病の悪化・低体重児出産などを引き起こす危険性を高めることが分かってきました。
また、唾液の中に混じった歯周病原性細菌を含む細菌が誤って気道から気管支、肺の方に入ると気管支炎、肺炎(誤嚥性肺炎)の原因ともなります。さらに歯周病は肥満やメタボリックシンドロームとの関連も言われるようになっています。

したがって歯周病の予防や治療は、全身の様々な病気の予防や治療に役立つことにもなり、健康な生活を送るためにとても大切なことです。

歯周病の進行度

歯周病は生活習慣病の一つです。完治することはないかもしれませんが、上手に病気と付き合っていくこと、これも大事なことなので、そのために我々を上手く使って頂けたらと思います。
歯周病の進行度
歯肉炎
歯肉に限局した炎症で出血や腫れがみられる。
軽度歯周炎
歯の周りの組織が少しずつ破壊され歯周ポケットが形成されます。
中度歯周炎
歯を支えている骨が半分程度のなり、ぐらつきもある。
重度歯周病
根の先に向かって炎症が広がり、歯を支える骨は半分以上なくなり歯はグラグラで噛みこむと痛みがあることが多く、抜歯の可能性が高いです。

歯周治療に関するご質問

歯肉から出血がありますが、歯周病でしょうか?
歯垢(プラーク)・歯石が付着し歯肉が炎症を起こして、歯周病になっている可能性があります。
タバコは歯周病に影響するの?
タバコを吸うと血管が収縮し、歯肉の血行不良を引き起こします。血行不良は歯周病細菌に対する抵抗力が低下し、歯肉の炎症は少なくても重症化する可能性があります。治療・予防には、禁煙もしくは節煙が大切になります。
全身疾患と歯周病は関連性がありますか?
全身疾患と歯周病の関連性が近年報告されています。歯周病と関連しているものには呼吸器系疾患・心疾患・糖尿病や妊娠などがありますが、そのなかでも糖尿病との関連は深く歯周病を悪化させる大きな原因のひとつになっています。
飲んでいる薬が原因で歯茎が腫れることはありますか?
高血圧、心疾患、脳血管疾患などお薬の副作用で歯肉が腫れやすくなる場合があります。

皆様のかかりつけ医として頼れる歯医者さんを目指してます

お子さまからご高齢の方まで、どなたも安心して通えるような地域のかかりつけ歯科医を目指しています。安心して治療を受けられるように、親切、丁寧な治療と分かりやすい説明を行っています。歯の悩みはお気軽にご相談下さい。

ラフランス歯科クリニックの予約・お問い合わせ電話番号は0466-81-2050

ページトップへ