義歯(入れ歯)について分かりやすくご説明します。また、患者さんから寄せられるご質問をまとめましたので、参考になさってください。

ラフランス歯科クリニック
予約・お問い合わせ番号:0466-81-2050
藤沢本町駅から徒歩7分

義歯(入れ歯)

自分に合った入れ歯

入れ歯が合わなくて痛い、入れ歯がゆるい、うまく噛めないなどの違和感を軽減し可能な限り快適に使用していただく為、当院ではさまざまな工夫をしています。
まずは、患者さんのご要望をお聞きした上で、ご要望に添った入れ歯をご提案させていただきます。

入れ歯を治療する際は、口腔内の診査はもちろん入れ歯の状態も診査致します。
入れ歯が合わない原因を見つけ出し、それに対して適した治療を行うことが大事だと思っております。

様々な種類の入れ歯

入れ歯にはさまざまな種類があります。
保険の入れ歯
保険診療の入れ歯は床の部分も人工歯もレジン(プラスチック)製になります。
また使用できる材料が限定されている為、強度や耐久性などは自費診療の入れ歯には及びません。
金属床の入れ歯
保険内の義歯床がプラスチックを主材料とするのに対して、この部分を(チタン・金合金・コバルトクロムなどの合金)で作成する入れ歯を金属床義歯といいます。
プラスチックよりも薄いため人によってはしゃべりやすいなど、違和感が少なくなります。耐久性にも優れている為、清潔で維持しやすいのが特徴です。また金属は熱伝導率が高いので、食事の温度を感じやすいメリットもあります。
金属バネのない入れ歯
金属製のバネが審美的に気になる方におすすめです。
義歯床が弾性に富んだ特殊プラスチック素材からできており金属バネを使用せずに作成します。その為、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
マグネットデンチャー
磁力によって固定するタイプの入れ歯です。金属バネを使用せず固定力も強いのでかたつきがありません。また取り外しも簡単な為、扱いやすい利点もあります。

義歯(入れ歯)に関するご質問

入れ歯は定期的なチェックが必要でしょうか?
歯ぐき(どて)は時間とともにやせていきます。その為、入れ歯とどての間には隙間ができ食べかすが入りやすくなったり、外れやすくなります。不具合が生じる前に定期検診でわずかな隙間を調整し、長い期間安定した入れ歯を使用して頂くことをお勧めします。
入れ歯の安定材は使ったほうが良いですか?
適合が良くない入れ歯に対し、一時的に使用するには問題ないですが、長期間使用すると歯ぐきが痩せたり、噛み合わせが悪くなることもあるので、早めに入れ歯を調整してください。

皆様のかかりつけ医として頼れる歯医者さんを目指してます

お子さまからご高齢の方まで、どなたも安心して通えるような地域のかかりつけ歯科医を目指しています。安心して治療を受けられるように、親切、丁寧な治療と分かりやすい説明を行っています。歯の悩みはお気軽にご相談下さい。

ラフランス歯科クリニックの予約・お問い合わせ電話番号は0466-81-2050

ページトップへ